水野 桂輔

豊田市・[ポエジー]アイデンティティデザイナー

[Sta.007]水野 桂輔 みずの けいすけ さん

自分の人生をかけられる仕事を、ずっと探しています。

自分が本当にやりたいことはなんだろう・・?

と、ずっと考えてきました。

2015年、35歳になる年に独立して、環境はずいぶん変わりましたが、やはり、心の奥では、同じ問いが渦巻いていました。

そんなとき、「資本主義の向こう側へ」という言葉とともに、貊村と出会いました。

三宅洋平さんのブログで貊村を知り、そのビジョンに共感し、株主になりました。

幸い、自宅から貊村のある長久手が近かったこともあり、啞樵さんのお話会にも、何度か参加しました。

啞樵さんのお話を聞いているうちに、ぼくの中で、なにかウズウズしたものが動きはじめました。
貊村がそのすべてではないかもしれませんが、いまは、同じ電車に乗り合わせたい!そう思える魅力を放っていました。

ある日の、唖樵さんのお話し会を聞いていて、熱いものがこみ上げてきました。

そして、こんなメモを書きつけていました。

大きな力と戦うときがくるはず。

世界は変わりはじめている。

大きな資本主義と戦うときが。

いずれ、そのときがくるはず。

そのときまで、力をつけよう。

学び、仲間を集めよう。

今のままでも、わるくない。

ほどほどに楽しくて、ちゃんと生きていける。

でも・・

「資本主義の向こう側」

それがあるなら、見てみたい。

新しい世界をつくっていくことに、自分が関われたら・・。

これが、ぼくのやりたいことじゃないかと、思いました。

パートナー募集

食と健康と調味料の製造に興味がある方へ。
簡単に言うと、貊村(みゃくそん)の取り組みに共感し、それを広げていく活動をぼくと一緒にしていただける方を募集しています。

詳しくは、ミズノのブログにラブレターを書きましたので、ご覧ください。

わたくしミズノ、彼女募集しまーす♡
(という名のパートナー募集)

<・・・以下抜粋・・・詳細は上記クリック!・・・>

いま、目の前に、ひとつやりたいことが見つかりました。
でも、それを実現するには、ぼく一人ではできません。
人に頼ったり、何かをお願いしたりするのは、苦手な方ですけど、お願いをしてみます。

ぼくと一緒に仕事をしませんか?

このプロジェクトは、貊村(みゃくそん)という会社に、ぼくが共感するところからはじまりました。

みゃくそんは、設立から1年で、オリーブオイル「れなり」を商品化し、すでに1万人の株主を集めました。
株主が求めるのは、質の良い食品を、原価に近い価格で提供すること。しかも、生産者に負担をかけずに。
オリーブオイルの次の商品として、大豆製品、つまりお味噌か醤油が挙げられていること。

ぼく個人としては、自分のちからを最大限に活かせる状況で、みゃくそんに貢献したい。
ぼくが得意なのは、その人の思いを言葉にして、事業の軸となる言葉をつくること。
つまり、会社設立のメンタルの側面、目に見えない思いを、事業のコンセプトとしてつくり上げること。

この状況で、ぼくが求める人物像は・・

・本当に心と身体にいいお味噌や醤油をつくりたい人
・みゃくそんの考え方、ビジョンに共感できる人
・思いはあるのだけど、会社をつくったり、製品をつくったり、それを売ったりしたことがない人

です。

これは、みゃくそんのビジョンに沿ったプロジェクトです。
資本主義の向こう側を目指します。

「これは、自分のことではないか、ぼくを、わたしを呼んでいるのでは?」
 と、一ミリでも思ったら、連絡ください。
 ここでは伝えきれないお話が、したいです。

まだ株主ではない方へも詳しくご説明いたします。
れなり]と共にお会いしましょう!

お気軽にご連絡ください。

以下、アイデンティティデザイナーとして、あなたのやりたいこと応援しています。
ぜひホームページをご覧ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。