株式会社貊村のはじまり

2016年5月の農哲学院・スペイン農苑の集い。(上記写真)

この集いが、記念すべきみゃくそんのはじまりとなりました。

高く買って安く売る。

みゃくそんのシステムは、オリーブ労働者の低賃金の実状と、世に出回る油の危険性を嘆き「良質のオリーブオイルを日本の子供たちに届けたい」とずっと思案していた啞樵(あしょう)さんの突然のヒラメキ。
<貊村はじまり物語>啞樵さんの手記へ

会社って利益が無くて良いんだ?!

そうなの?
そうだよね!

目的は会社の成長じゃないし、経費が回れば循環するじゃない!
生産者も、消費者も、私たち運営者も、三者が正当な配当を得て誰も損をしない。
だれの利益でもないからみんなが嬉しい。

目からうろこの瞬間。

受注が確定してから仕入れることで、倉庫代や広告費など経費が大幅に削減。

でも実際は、はじめたばかりで5万本の先行販売・受注確定までは待っていられない。

「このシステムは1万人になったら循環するようになる。」
「それまで、発起人みんなでがんばろう!」

みゃくそんが、社会を変えるきっかけになる。
環境、経済、病気、食・・・・

あらゆる問題解決への可能性を秘めたこの取り組みを「生き方」の実践としよう。

みゃくそんは、農哲学院・いただき繕の「生き方」を、社会のど真ん中で実践する道。

希望に満ちた思いで、40名の農哲学院生が発起人となり出資し、
2016年7月5日、株式会社貊村が発足しました。


そして、2016年7月1日
株主募集・みゃくそん公式スタート!

株主募集に関し、これまでの活動である【農哲学院・いただき繕】のお付き合いの方々への告知からはじまりました。
思った以上に、大きな反響をいただき、感動の声が続々と届きました。

期待を込めた信頼のもと、商品としての[れなり]が無いままに・・・!
株券+[れなりゴールド]ひと箱7200円=8200円の事前予約をいただきました。

9月5日までの二か月間にいただいた事前予約。

注文件数 677件 
注文合計金額 5,712,800円

9月5日名古屋港到着
 10日長久手みゃくそん到着
 13日配送スタート

ついに、スペインから5万本のオイルを輸入!

啞樵さんの指南の元、英語・スペイン語での専門用語での現地や運送業者とのやり取り、関税、システム構築、お客様対応・・・農哲学院の自修は、常にそれぞれのチャレンジ!
はじめてだけど、やってみたら出来る。
みゃくそんは、人間の可能性は無限∞の証。

おかげさまで、紆余曲折ながらもみなさんの感動の声を励みに、喜びあふれる充実した日々。

みゃくそん内部では、注文システムの構築に悪戦苦闘、受注方法の変更など、株主さまにはご迷惑をお掛け致しましたが、株主のみなさまには応援する心で見守っていただけましたこと、心より感謝申し上げます。

7月は、同時に、長久手みゃく村での生活がスタートしました。
下記写真は、啞樵さんと発足時みゃくそんスタッフ6名。

はじめて長久手みゃく村を訪れた、記念すべきはじまりの日。

この変化の毎日、はじまりの日がたくさん!