みゃくそん公認パートナー(株主)さんと、
公認パートナーさんによる[れなりステーション]について

これからはじまる[れなりステーション]は、ネット環境の無い方とみゃくそんの橋渡しがメインの役割となります。

そして、パートナー(株主)のみなさんがみゃくそんHP上に情報を開示することで、どんな方が株主となっているのか、どういう思いでどういう活動をしているのか参考にすることで、これから株主になられる方が、親近感と安心感をもって活動に参加いただくことを目的としています。

同時に、[れなり]を直接購入することが出来る公認店である[れなりステーション]がどこにあるのか知っていただけます。
※HP上では、小売価格で販売する店が、みゃくそんに公認されているかいないのかも情報を得ることができます。

そうしたことが、株主さん同士の交流や地域交流の活性化となり、あらゆる情報の共有から新たな展開がはじまることを期待しています。

■パートナー[partner]とは、

仲間、相棒、共同経営者の意。

みゃくそんの株主は、みなさんパートナーです。

さらにもう一歩踏み込んで、、、個人活動の中でみゃくそんと共に活動してくださる株主さんを
みゃくそん公認パートナーとしてHP上に情報開示(その方によって可能な範囲)させていただきます。

個人活動とは、ネット上の最新情報の共有や株主登録の指導といったことはもちろん、SNSなどを利用して情報の拡散へのご協力や、試食会、マーケットへの出店時の[れなり]販売など、それぞれの出来ることで構いません。
株主100万人を目指して、Twitter、Instagram、Facebookなどに、[#れなり]として積極的にアップしてくださるだけでも力になります。

※個人活動としての[れなり]を使用した活動の情報は、みゃくそんでも情報共有させていただきます。

■ステーション[Station]とは、

英語で「立っていること」を意味するラテン語に由来する言葉。
人や物が集まって活発に動く施設を指す。

人が集う場をお持ちのパートナーさんの”空間”の総称です。

みゃくそんパートナーとして、レストランやショップなどの店舗や、治療院、ワークスペースなどの集いの空間をお持ちの方は、[れなり]のお取り扱いの有無に関わらず、みゃくそんの情報を求めて訪ねるお客様に、ネット上の最新情報の共有や株主登録の指導といった協力をいただける場所として、みゃくそん承認店[れなりステーション]として紹介させていただきます。

<ご注意>ネットショップは、人が集まる空間とはみなしません。ネットでの販売もご遠慮いただいております。
ネット上での紹介は、当みゃくそん【公式】ホームページ、そして、ネットショップ【貊村リンク】への誘導を促してください。


立候補・大募集中!
[れなりステーション]としての認定条件・役割

地域の交流の場として、ネット環境の無い方へのフォローがメインとなります。

①みゃくそんの最新情報の共有・情報発信

みゃくそんは、DMやメーリングでの情報発信を致しません。
自主活動として、パートナーである株主方自らの率先した交流をお願いいたします。
特に、[れなりゴールド]と[れなりグリーン]の切り替え時期、規格の変化などを常にチェックいただき情報発信お願いします。

②株主登録のお手伝い。

あくまでも、最初の株券&れなり買い物としての株主登録は、みゃくそんへのFAX注文及びネットショップ【貊村リンク】の利用に限りますので、メールをお持ちの方へは、スマホやPCを利用してのネットショップへの登録方法の誘導、メールアドレスをお持ちの無い方へはFAX送付に関するお手伝いをお願いいたします。

※その場での株券や金銭の授受は発生せず、最初の株券と[れなり]は、みゃくそんより配送されるように促してください。
※みゃくそんを通した[個人情報登録&株券の買い物記録]で株主登録となりますので、[れなりステーション]で株主情報を管理することは必要ありません。(お店としての顧客管理に関しては関知しません)

株主となり二度目以降のご注文は、ネットを通さなくても構いません。
株券提示により、[れなり]を取り扱う[れなりステーション]での株主価格でのご購入が可能です。

③[れなり]販売(ステーションにより任意)

店頭で、株券提示を促し、株主さんには必ずみゃくそん規定の株主価格で販売してください。

※これまで通り、みゃくそんとしての卸売りはしません。
販売していただく際は、あくまでも株主さんが株主価格で購入した[れなり]の取り扱いとなります。

そして、株主登録をお勧めすることを前提に、「割り髙でもまず試しで使ってみたい」とする方には、下記一般公式価格での販売を認可しております。

・・・・

利益にならない[れなり]を店頭に置く?仕入れ値で販売する?!
無償で他社の商品[れなり]の宣伝をする?しかも登録を手伝う?!

・・・・これは、これまでの小売店・卸売りの概念では推し量れない取り組みです。

人と人とのぬくもりの交流へ。

直接的な「商売」を行なっていただける事では無いことをご了承いただき、「生き甲斐ある役割」として、みゃくそんの活動に積極的に関わって下さる方にお願い致します。

認定店として立候補いただき、こうした条件を満たしていらっしゃれば、基本的にお断りすることはございません。
しかし、いただいた情報の中で、ご賛同の熱意、どうして立候補するに至ったのかを認定の判断とさせていただきます。
そして、ご覧になった方に伝わるような思いを、文面として表してくださるようお願いすることがあります。
どうぞご協力ください。

<ご注意>株主制度の説明の無い販売、及び、ネットショップでの販売はご遠慮ください。
※あくまでも、ネットをされない方との交流をメインにした認定です。
人と人とのぬくもりの交流ということで対面での販売に限らせていただきます。
※みゃくそんは信頼で成り立っています。ネットでの一般価格での販売は、株主登録へ誘導ではなく利益を得るための販売という印象が否めませんし、混乱を招きますので禁止させていただきます。みゃくそん以外のネットショップを認定することはありませんが、そうしたショップを見かけた方はご一報いただければ幸いです。
※尚、団体として公式に活動する世話役さんとの協力体制としてキャンペーンとして販売をすることはあるかもしれませんがご了承ください。

[れなりグリーン]の公式価格

販売する方は、一般公式価格を販売価格の基準としてください。
購入する方は、みゃくそん認可店に対する安心基準としてください。

①株主原価価格=みゃくそん株主のみ購入できる株主価格
②一般公式価格=株主以外の方に店頭で販売する際の価格(メーカー希望小売価格)

化粧ビン500ml 
①株主原価価格=2500円 
②一般公式価格=3800円

1Lボトル3本入り箱
①株主原価価格=9000円
②一般公式価格=12000円 単品売り一本4000円

◎[れなりステーション]として店頭で販売する際のご注意

①株主の方には、株券をご提示頂き、株主価格での販売をお願い致します。
②株主では無い方への株主価格での販売は行なわないでください。
みゃくそんは、株主となって頂いた方への原価シェアを目的とした取り組みです。
一般公式価格は、メーカー小売価格としてひとつの目安としていただき、実際の販売価格の設定は自由ですが、あくまでも「株主前のお試し」として販売の認可ですので、株主勧誘につなげる価格設定をお願いします。

※個人的なプレゼントや友達への格安でのシェアに関しては、みゃくそんで関知することでは無く自由にしていただいて構いません。

④みゃくそんとの積極的な交流

みゃくそんでは、すでに株主になられている方々との交流を重視しています。
それは、社会に広く伝え株主数を増やす意味でも、株主ひとりひとりがこのシステムの理解を深めていただくことが最優先であるからです。

すでにみゃくそんのシステムに賛同して下さっている方が、私たちと直接ふれ合うことで次の可能性が拡がります。
一株主の力がどれだけ大きく関わっているのかを実感し、わくわくする喜びが増大することでしょう。

いろいろなオリジナリティーをもつ株主さんとの交流は、お互いに次の可能性を見いだす楽しい出会いになります。

まずは、情報発信基地として地域の方に伝える手段として、ゆみ子村長や啞樵さんを招いてのお話会を開催していただいたり、お互いに積極的な交流を行なっていきたいと思っています。

 

 

不定期で試食会をしているパートナーとして
[れなり]の取り扱いがある自然食品店として
[れなり]のメニューかあるレストランとして
[れなり]を使った料理教室を行なっている固定された空間を持たないパートナーとして
あるいは、ヨガ教室などのワークショップでパンフレットの貸し出しをしている、、、

などなど、様々なカタチの[みゃくそん公認パートナー]及び[れなりステーション]のご紹介となります。

空間の情報と共に、みゃくそんに託す店主の思いなどご紹介できたら幸いです。

認定条件にノルマや規定はなく、上記の4条を満たしていれば[れなり]の取り扱いに関してもそれぞれが出来る範囲で構いません。

みなさまどうぞ、立候補お待ちしております。

 

 

認定パートナー[れなりステーション]への立候補に向けてのSTEP

STEP1 生き方を仕事に~実践のご提案~

STEP2 公認パートナー[れなりステーション]の条件と役割(当ページ)

STEP3 【応募要項】みゃくそん認定パートナー[れなりステーション]

応募フォームへ(別窓開きます)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。