~素朴かつ贅沢~
「いただき繕」という生き方の選択

いただき繕とは、東アジアの先達の智慧に学ぶ【農哲学院】の教えのひとつであり、農や食を通し命を学び、心豊かに生きる具体的な実践活動です。

「いただき繕」で最も重要視するのは、何を食べるのか(食の内容)ではなく、何のために食べるのか(食の目的)です。 日々「いただき繕」の実践を積み重ねることで得られる「モノ」から「命」への劇的な認識の転換、意識の変化を目的としています。

それは、食に限らず、道具、家具、機械などの身の回りのすべての「モノ」に「命」を感じる力を身に付けることにつながります。
いただき繕では、農、生産・加工、レストラン、家創り(古民家再生・店舗作り)といったあらゆる活動を通し、「命」を体智する力を学んでいます。

※体智たいげ:実践をもって得られる智慧

より多くの方が心身の健康を取り戻し、命を尊み、
自然と調和した生活をおくる糧となる事が、私たちの願いです。

~素朴かつ贅沢~
生きとし生ける命の本姓は、命の捧げ合い
03Scotland (31)
「人の役に立ちたい。」という心は、人間という「命」の本性からくる【思い】ではないでしょうか。
生きるために必要なものは、自然界にすべて存在しています。

あらゆる命を感じる力を付けることで、この世界にはそうした【思い】を純粋に遂げる命に溢れていることに気が付き、素朴こそが豊かさであることを実感するでしょう。

自分たちの心と体は、天地万物の助け(命)を借りて自分たちで治す
『医食同源』や『薬食同源』という言葉があるように、食べ物はそのままで直接的な治療薬です。

「いただき繕」は、繕性(性質の欠点をなおしてよくする)から始まり、繕補(つくろい補う)の段階を経て、繕完(つくろって完全にする)の境涯を目指す具体的 な実践方法からはじまります。「いただき繕」は、長い時間、東アジアの先人たちが育てきた伝統的な食生活を守っていく生活の智慧であり、地球規模の普遍性 を持つ実践運動とも言えます。

また、『いただき繕(食養論)』では、病気を治すというより、病気にならないための食事を重視し、土地の風土に適合した食文化とを活かす現代の“いただき繕”の指導者(食医)の育成に努めています。

身体を形成することはもちろん、意識(心・性格)の形成にも密接にかかわる食という“イノチ”を体智し整えることが、心身共に豊かな人生へ向かう事となり、「いただき繕」が志す公的な生き方を通して、運命さえも変えてしまう力を感じていただけることでしょう。

病気、政治、経済、環境・・・現代のすべての諸問題の解決には、食だけに限らず『命』の再生こそが必要であると考えます。
それにはまず、他を変えることではなく、自分自身、一人ひとりが健康な身体と意識を取り戻すことが先決ではないでしょうか。

世界各地のいただき繕レストラン、そして株式会社みゃくそんは、命がイノチとして循環する智慧をお伝えする場として活動しています。

itadakizen London vegan ITV 2016.1.20

2016.01.20イギリス最大の民放でX−FACTORなどの番組で海外でも広く知られている、ITV NEWSで「いただき繕」が紹介されました。
イギリスでは、ヘルシーな日本食材を扱うヴィーガン(完全菜食)レストランとして注目されています。

なぜ、「いただき繕」レストランは、
ヴィーガン(VEGAN:動物質食品を食べない菜食主義)としているのか。

※Europe’s First Organic and Vegan Japanese Restaurant

「いただき繕」レストランは、動物性食品を一切使わないという点で、ヴィーガンの定義と一致していることから、ヴィーガン・レストランと謳っています。特に、一号店であるロンドンでは、日本ではより一般的なベジタリアンという定義よりも、内容的にもヴィーガンと一致することからもそうした定義付けが求められる状況でした。(ロンドン店は、英国ヴィーガン協会より正式に認定をいただいて営業しております。)

「いただき繕」では、命を学ぶ実践の中で、肉をいただくことが人間の身体と精神に否定的な影響を及ぼすことを体智し、そうした影響を断ち切るという点で、ヴィーガンの倫理的な食の内容・習慣を有効的な方法であるとしていますが、あくまでも提供している食(メニュー)に関する定義であり、ヴィーガン的なライフスタイル(思想)を掲げているわけではありません。

「いただき繕」で最も重要視するのは、何を食べるのか(食の内容)ではなく、何のために食べるのか(食の目的)です。

つまり、日々「いただき繕」の実践を積み重ねて体智できる「、食というモノ」から「食という生命」への劇的な認識の転換、意識の変化を目的としています。

(参考:はてなキーワード-ヴィーガンより)
■VEGAN(英国)とは
イギリスのヴィーガン協会により作られた単語で、ベジタリアン(vegetarian)の前後の文字を取り、省略した単語である。veg-(etari)-anヴィーガンのライフスタイルは、動物性の食べ物や衣服などの製品を、できるだけ全て除こうとする生き方である。どんな目的であれ、動物を利己的に利用したり虐待している製品を避けている。(参考:英国ヴィーガン協会)ヴィーガンの食生活は、「プラントベースダイエット」(Plant Based Diet)とも呼ばれ、野菜など植物性の食品や料理を食べる。ベジタリアンが卵や乳製品を食べるのに対し、ヴィーガンは、それらも一切口にせず、動物性の素材を用いた靴・衣服も身につけない人、またはその生活スタイルのこと。
ベジタリアンにもヴィーガンにも、ある程度の個人差と程度差がある。

 

「いただき繕」は、マクロビオティックスとは違うのですか?

多くの部分において「いただき繕」も「マクロビオティック」も、東アジアの食文化の伝統を基盤としている点では共通しています。マクロビオティックの思想的な背景である易経の根本思想、「すべてのいのち(万物)は変化を本性とする」という考え方を「いただき繕」も尊重していますが、「いただき繕」の調理(料理)では、その変化の原理である「陰陽の原理」を食材(生命)に適用し、陰陽の性質を以て食材(生命)を区別することはしていません。
なぜなら、すべての食材(生命)に備えている「変化」の可能性が、調理(料理)する人々の固定概念によって軽視される危険性があるからです。

「いただき繕」では、東アジアの「農哲学」の根本思想である「すべての生き物は互いにイノチを捧げ合うのを本性とする」という哲学に基づいて食材(生命)の本性を尊重し、そして、食材(生命)が、その本性を最大に発揮できるように手伝いすることを調理(料理)の基本としています。

 

みゃくの食(命)

各地のいただき繕で使用する食材は、貊の印を掲げる自社ブランドの食品をメインに使用しています。

農哲学院を母体とするみゃくグループとして、同じ貊の印をいただいていることから、混乱を招かぬよう、みゃくそん発足からのこの一年は、あまりいただき繕ご紹介はしてきませんでした。

今後は、[れなりステーション]として、いち株主の活動としてレストランなどもご紹介していきます。

そして、世界各地の自然農苑で育まれた食品の数々、順次ご紹介していきます。
みゃくそん長久手にいらした方にも大好評いただいている、天日塩や雑穀。
どうぞ、ネットショップにてご確認ください。

http://www.itadakizenboutique.jp/

*各地のいただき繕レストラン*
<農哲学院生の自修活動としての独立事業です>

■2009.11 ロンドン店オープン
139 King’scross Road, London WC1X 9BJ UK TEL:02072783573

■2011.11 スコットランド・オーバン店(現在は閉店)

■2012.12 札幌店オープン(2017年現在、札幌にて3店舗が営業中)
〒064-0802 札幌市中央区南2条西23丁目2−1 TEL/FAX:011-676-8436

■2013.08 東京店オープン
〒178-0064 東京都練馬区南大泉5−37−7  TEL/FAX:03-3925-5692

■2013.12 富山有沢店オープン
(2015年店舗としては閉店、現在は、順氣粒の生産をメインに営業中)

■2015.08 富山大学前店オープン(みゃくそんコラボ×おりっぱ店として営業中)
〒930-0887 富山県富山市五福3222大学堂ビル1F TEL/FAX:076-471-5004

■2016.04 愛知芸大店オープン
〒480-1103 長久手市岩作三ケ峯1−114 090-1768-4913

■2017.07 イギリス・シュルーズベリー店オープン
SY1 1UR Shrewsbury7-10 Fish Street

■2017.10 京都店オープン予定(内装工事中)
602 8344 京都市上京区仁和寺街道七本松西入二番町199

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。