「生き方」が仕事に

今、働く人たちの中に、『なぜ働くのか。』という問いに、自分の仕事が、『生きとし生ける“いのち”の為。』と自信をもって言える人はどれだけいるでしょうか。

私たちは、今までの資本主義の常識を覆し、お金の配当を求める代わりに、「やりがい」や「生きがい」を求める、一万人の[株主]を集めた会社を打ち立てることにしました。
「生産労働に従事する人々」と「消費者の人々」の間(流通の過程)で消えてゆくお金を、生産者と消費者に還元する会社を目指す・・・資本主義史上初めての試みです。

生き甲斐のある、人間本来の生き方が仕事になる。
あたらしい「仕事のカタチ」を提案・実践いたします。

貊村に賛同する40人が設立発起人となり貊村はスタートしました

貊みゃく

貊(みゃく)とは、東アジアの文化圏で鉄を食べて生きた神獣として知られ、人間が岩穴住居で生活を始めた時、貊は常に人の側に居て毒虫や猛獣から人を守り岩穴の邪気を除去したと云われます。(中国の薬学著作:季時珍『本草網目』出典)

鉄に象徴される機械文明から人々を守るという意味でも、貊グループの世界共通の商標としています。

そして、新たにはじまるこの活動が、[生き方を仕事に] 株主の未来を照らす希望の『村』、世界中がひとつの村となるよう願いを込め、会社名を貊村(ミャクソン)と命名しました。

【貊の日本語読み=ばく】
貊の漢字は、「ばく」と入力して変換すると表示されます。

みゃくそんの世話役紹介

設立発起人をはじめ、みゃくそんの世話役として活躍する株主をご紹介していきます。 40人の設立発起人は、みゃくそんパンフレットに掲載(顔写真と名前、活動拠点)されています。

寺岡聡希

ロンドンの村人

株主No.25  Saki Teraoka

数年前、いただき繕の生き方に「これだ!」っと飛び込んできた彼女。
いただき繕の東京店に住み込みながら、福井での農やワークショップ、そして、札幌店で働きながら共に過ごしました。

そして今彼女は、人として生きる希望を得て、確かな道を歩みはじめています。

小地戸 一佐

みゃくそん村役場 助役

株主No.15 Kojito Kazusa

人生の意義を求めてたどり着いた・・・[みゃくそん]で生きる道。

福井のいただき繕を通して、スペイン在住の唖樵さんに出会い、スペインのオリーブ農苑で半年過ごし、オリーブオイルの輸入に関する業務に携わり、今回の貊村発起人の1人として、現在は貊村の長久手本部で生活しています。

唖樵あしょう

村民 農哲学院理事長

株主No.03 啞樵 ASHO

貊村システム発案者
浄土宗 僧侶
東京下高井戸 栖岸院 所属

良質なオイルが日本の隅々まで届き、子供達の健康に寄与できますよう。
多くのみなさまが、この試みの意義とシステムを深く理解する同伴者となりますことを切にお願い申し上げます。

貊みゃくグループの紹介

農哲学院での学びは、全てこの現実社会での実践です。それぞれの活動がみゃくを中心に展開しています。

農哲学院で学ぶ院生が、経済的に独立し、みゃくを信条に活動しています。

貊グループ一覧

■合同会社農哲学院(農業法人)北海道美深
■株式会社貊 2007年設立(㈱マンナネ・ワールドより商号変更)  HP
■mannane UK Ltd いただき繕ロンドン店経営 

■株式会社貊亜(みゃくあ)いただき繕札幌店経営 春山亜希子
■社団法人貊明(みゃくめい)いただき繕福井越廼・古民家 山田黙鐔・明子
■貊江合同会社(みゃくえ) 潮麦加工事業
■貊代合同会社(みゃくよ) いただき繕愛知芸大店経営 渥美昌代
■美深羊毛工房[粗清草堂そせいそうどう]工房建設記録 逸見吏佳
■貊溟(みゃくめい) 順氣粒製造業 安岡醴溟
■myakuma(みゃくま)いただき繕東京店経営 白洲まさ子

■株式会社貊村(みゃくそん)オリーブオイル輸入販売業

さぁ、株主になって[れなり]を手に入れよう!

株主登録&[れなり]ご購入は、ショップ【貊村リンク】へ!
Copyright 2017 株式会社貊村・みゃくそん